肩のストレッチ体操&セルフマッサージ①【僧帽筋】

 

肩が凝る…、肩周りに違和感がある…、酷くなると頭痛もしてくる…、という時に、『すぐに出来る簡単な肩のケアはないかな〜』と探していませんか?

このページでは、簡単に出来る肩のケア法①【僧帽筋】をご紹介します。

こんな時にやってみよう!

デスクワークをすると肩が凝る…、肩が硬い…、重だるい…。

そんな時に試して欲しいストレッチ体操&セルフマッサージです。

特に、緊張型の肩こりの方は、この筋肉の硬さが影響している場合があります。

うまく出来るとスッと楽になったりするなので、無理なくチャレンジしてみてくださいね。

注意事項

首や肩に激痛がある場合や上半身に常時しびれがある場合は、ケアをする前に病院へ行きましょう。

病院の診察を受け、ストレッチや体操が『OK(大丈夫!)』であれば実践するようにしていきましょう。

実践するにあたっては、無理にグイグイやるのではなく、心地よい感覚でゆっくり行うようにしてみてください。
また、実践中に痛みや違和感が増すようであれば、すぐに中止をしてくださいね。

*本サービスにおける情報の提供は、健康に関する理解・知識を深めるためのものであり、診断・治療行為ではございません。本サービス上の情報や利用に関して発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。なお、診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関を受診してください

ケアする僧帽筋とは?

これから紹介する僧帽筋とは、背骨(首・背中)から上腕骨に付着している筋肉です。

この筋肉は、上部・中部・下部のパートに別れていて、それぞれのケア法が変わります。

肩全体を覆っている筋肉なので、一般的に『肩こり』とは、この筋肉の硬さを指します。

無意識的な緊張が入りやすい筋肉なので、カラダがいつも緊張している方、寝ているときに歯ぎしりをする方、歯を食いしばっている方に、この筋肉の硬さが多くみられます。

他の肩周りのケアと合わせて行うと、とてもスッキリしたりしますので、是非チャレンジしていきましょう。

ストレッチ体操&セルフマッサージ

ストレッチ体操 ★★★☆☆

↑ 背筋を伸ばして、頭を横に倒していきます。

頭を手でサポートしながら、ゆっくり伸ばしていきます。

僧帽筋(◯印のエリア)が気持ちよく伸びるように、角度を探っていきましょう。

注意点は、背中が丸まらないことと頭を真下に向けないことです

気持ちよく伸びているところで、2〜3呼吸し、ゆっくり戻します。

これを2回ほど繰り返して、左右差を確認してみましょう。

ストレッチ後、楽になったりスッキリしていればOKです。

セルフマッサージ ★★★★☆

↑ 僧帽筋(◯印のエリア)が硬くなっているポイントを探ります。

↑ 硬くなっているポイントに触れた状態で、肩甲骨を引き上げていきます。

↑ そのまま肩甲骨を後ろに引いていきましょう。

肩の力を抜き、元の位置に戻してきます。これを、2〜3周ほど繰り返していきます。

硬くなっているところが柔らかくなっていく感じを確認してください。

楽になったりスッキリしていればOKです。

セルフマッサージについて

まとめ

肩こりは、日本人が抱える不調の中でもトップクラスに多い症状です。

肩が凝る…、肩が重だるい…、いつも気になる…、ひどい場合には、頭痛や吐き気を伴うこともある…、

その原因が、僧帽筋の硬さが影響したりするんですね。

そんなときに手軽に出来る肩のストレッチ体操&セルフマッサージ①。

注意事項をしっかり守り、ポイントを抑えて実践してみましょう。

また、普段からまめにケアをしておくと、肩こり予防・対策にもなりますので、日頃からのケアを心がけていきましょう。

 

この筋肉と合わせて行いたいおすすめのケア法

菱形筋のストレッチ体操&セルフマッサージ

大胸筋のストレッチ体操&セルフマッサージ

後頭下筋群のストレッチ体操&セルフマッサージ

 

筋肉を柔らかく緩めてもらいたいときは

セルフケアではなく、プロのセラピストの施術をご希望でしたら、一度私たちにご相談ください。

 

下記のフォームより送信してください。
(誤字脱字や説明内容の不備などがあった場合も教えていただけると助かります)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

タイトル

質問・相談内容

頂いたメールの引用について
メール内容、名前、URLは引用してもよろしいでしょうか?
すべて可イニシャルなら可不可

ストレッチ体操&セルフマッサージ手帳

スポンサーリンク