肩のストレッチ体操&セルフマッサージ⑤【肩のインナーマッスル】

 

腕を動かすと肩が痛い…、肩の横に違和感がある…、バンザイ動作が最後までいかない…、という時に、『すぐに出来る簡単な肩のケアはないかな〜』と探していませんか?

このページでは、簡単に出来る肩のケア法⑤【肩のインナーマッスル】をご紹介します。

こんな時にやってみよう!

洗濯物を干すときや高いところから物を取ろうとするときに肩が痛い…、ボールを投げる動作のときに肩が痛い…、

そんな時に試して欲しいストレッチ体操&セルフマッサージです。

とても痛めやすい筋肉でも有るので、慎重に行っていきましょう。無理なくチャレンジしてみてくださいね。

注意事項

首や肩に激痛がある場合や上半身に常時しびれがある場合は、ケアをする前に病院へ行きましょう。

病院の診察を受け、ストレッチや体操が『OK(大丈夫!)』であれば実践するようにしていきましょう。

実践するにあたっては、無理にグイグイやるのではなく、心地よい感覚でゆっくり行うようにしてみてください。
また、実践中に痛みや違和感が増すようであれば、すぐに中止をしてくださいね。

*本サービスにおける情報の提供は、健康に関する理解・知識を深めるためのものであり、診断・治療行為ではございません。本サービス上の情報や利用に関して発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。なお、診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関を受診してください。

ケアする肩のインナーマッスルとは?

これから紹介する肩のインナーマッスルとは、肩甲骨から上腕骨に付着している筋肉群の総称です。

この筋肉は、腕(上腕骨)を動かすときに働く小さな筋肉たちです。

腕を身体の横に垂らし、前後左右に動かしはじめる最初の段階で主に使われています。

スポーツ競技において、腕をよく使うスポーツ(野球やテニス、ハンドボールなど)で痛めることが多い筋肉でもあります。

特に、肩こりなど、肩甲骨周りが硬い方は、しっかりケアした方が良いでしょう。

他のケア法と合わせて行うと、とてもスッキリしたりしますので、是非チャレンジしてみてくださいね。

ストレッチ体操&セルフマッサージ

ストレッチ体操 ★★★☆☆

↑ 伸ばす側の手をクロスして、ベットの側面か角に手をつきましょう。身体をゆっくり後ろに引いていきます。

↑ 身体を後ろに引きながら、気持ちよく伸びる角度を探っていきます。

肩のインナーマッスル(◯印のエリア)をストレッチしていきましょう。

肩の上(三角筋)あたりに痛みが出たりしたら無理せず行なってくださいね。

セルフマッサージ ★★★★★

ほぐす側の腕の力を抜きます。

柱や壁の角などに、肩のインナーマッスル(◯印のエリア)が当たるようにセットします。

↑ ピンポイントで硬くなっているところをがあるので、気持ちよくほぐせるように圧の調整や方向性をコントロールしましょう。

1箇所に掛ける時間は、1分以内。

3〜5箇所を見つけてほぐしていきましょう。

注意点は、骨に当たらないように気をつけてくださいね。

セルフマッサージについて

まとめ

腕を動かすと肩が痛い…、肩の横に違和感がある…、バンザイ動作が最後までいかない…、

その原因が、肩のインナーマッスルの硬さが影響したりするんですね。

そんなときに手軽に出来る肩のストレッチ体操&セルフマッサージ⑤。

注意事項をしっかり守り、ポイントを抑えて実践してみましょう。

また、普段からまめにケアをしておくと、五十肩(四十肩)の予防・対策にもなりますので、日頃からのケアを心がけていきましょう。

 

この筋肉と合わせて行いたいおすすめのケア法

上腕三頭筋のストレッチ体操&セルフマッサージ

広背筋のストレッチ体操&セルフマッサージ

菱形筋のストレッチ体操&セルフマッサージ

 

筋肉を柔らかく緩めてもらいたいときは

セルフケアではなく、プロのセラピストの施術をご希望でしたら、一度私たちにご相談ください。

 

下記のフォームより送信してください。
(誤字脱字や説明内容の不備などがあった場合も教えていただけると助かります)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

タイトル

質問・相談内容

頂いたメールの引用について
メール内容、名前、URLは引用してもよろしいでしょうか?
すべて可イニシャルなら可不可

ストレッチ体操&セルフマッサージ手帳

スポンサーリンク